Pixia ver5のメニューバーをざっくり説明してみる

2012 年 10 月 10 日 | タグ:

こんにちは!Roadです。
今回は、先回記事の画面説明に続き、Pixiaのメニューバーをざっくり説明してみます。

では、いってみましょう。




Pixiaのメニューバーはこんなふうになっている!


Pixia メニューバー
わかりやすいようにメニューバーに番号を振ってみました。
この番号でメニューを説明してみましょう。



(1)「ファイル」メニュー

Pixia メニューバーファイルメニューは、Pixiaのキャンバスの新規作成やファイルの保存などを扱います。
他のWindowsソフトと一緒なので特に説明はいらないでしょう。

「スキャナーまたはカメラから」は、読んで字の通り、外部機器から画像の取り込みができます。
下絵を紙で描いた場合は、このコマンドを使い取り込みます。

プリンターへの印刷もファイルメニューの「印刷」から行います。






(2)「編集」メニュー

Pixia メニューバー 「編集」メニューも基本的に他のWindowsソフトと一緒です。

「ファイルへコピー」とか「ファイルから貼り付け」ってコマンドがありますね。
これは、選択範囲をファイルに保存したり、ファイルから貼り付けするモノのようです。

あと、部品庫絡みのメニューがありますね。
部品庫は、いわゆる画像のライブラリーってやつでしょう。
画像素材使ったり、管理するときに使います。




(3)「領域」メニュー

Pixia メニューバー 「領域」メニューは、選択範囲がらみのメニューです。
選択範囲=領域と考えていいでしょう。

領域を加工して塗ったり、境界線に線を引いたりするために使うメニューです。







(4)「描画」メニュー

Pixia メニューバー「描画」メニューは、塗りつぶしや線を引いたりするコマンドが入っています。

ていうか、3Dマッピングや3D文字もできるんですね!
作品の幅が広がりそうです!




3D文字使用例。こんなこともできちゃいます。
設定項目が少ないのが玉に瑕ですが(;^ω^)





(5)「画像」メニュー

Pixia メニューバー 「画像」メニューは、画像イメージの補正などのコマンドが入っています。
どちらかというと、写真のレタッチに使うようなコマンドが多いかな?

あとは、レイヤー関係、画像サイズなどを操作するコマンドがあります。





(6)「表示」メニュー

Pixia メニューバー 「表示」メニューは、画面設定関連のコマンドが多く入っています。
パネルの表示・非表示はここからもできますね。

フィルタがここに入っているのはなぜ??





(7)「ウインドウ」メニュー

Pixia メニューバー 「ウインドウ」メニューは、Pixiaの作業中ファイルウインドウの表示関連のメニューです。
他のWindowsソフトにもありがちなメニューですね。





(8)「ヘルプ」メニュー

Pixia メニューバー 「ヘルプ」メニューは、ヘルプなどその他のコマンドが収まっています。
わからないことが出てきたら、「ヘルプ」を参照するといいでしょう。
(Pixiaヘルプファイルのインストールが必要)

wikiとかも使ってみると面白いですよ。



「Pixia ver5のメニューバーをざっくり説明してみる」まとめ

Pixiaのメニューバーの説明は以上です。
なるべくざっくりと把握しやすいようにしてみましたが、いかがだったでしょうか?
(画像素材作るの大変でしたけどね。笑)

メニューの詳しいことは、また解説する予定です。
お楽しみにうれしい顔

では、また次回るんるん (音符)



  1. 2012 年 10 月 10 日 21:45

    Pixia(お絵かきソフト)の記事を更新しましたよ♪, Pixia ver5のメニューバーをざっくり説明してみる - http://t.co/IP6ilfLK #pixia #cg